記事詳細

【一生働く!】シニアの“生きがい”に取り組む「商助」企業 高齢化対応で高まる期待 (2/2ページ)

 固定観念を崩されるような事例もあった。「地方は仕事がない」のではなく、情報格差によって雇用のチャンスが失われているということは、人材派遣企業の現場の声を聞かなければわからなかった。不動産などの相続をめぐっても、親より子世代のほうが悩んでいる。従来の認識を改める必要がありそうだ。

 商助は今後さらに重要になるだろう。当欄ではその動きを注視しつつ、商助を受ける側であるシニア世代の内面(生活や心理)を次に追っていきたいと思う。(「オレンジ世代」取材班)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース