記事詳細

自分から勉強をする子どもになる! 書籍『12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣』発売

自身の子供を岡山県から東大と早稲田大に入学させ、また家庭教師として数々の家庭を観察してきた楠本佳子さんが、新刊『12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣』をCCCメディアハウスより、2017年12月20日に発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/145520/LL_img_145520_1.jpg
書影

本書には、自身の育児体験と、家庭教師歴15年・塾講師歴5年の経験を踏まえ、モンテッソーリ教育、コーチング、心理学、脳科学の成果をまとめた独自の指導法が綴られており、「自信を持ち、自分から勉強しだす子どもに育てるためにはどうすればいいか」が数々の具体例とともに説明されています。

▽12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣
https://www.amazon.co.jp/dp/4484172380

■その習い事は、本当に必要ですか?
「自信」とは何かと言えば、「挑戦しようとする気持ちがあること」です。「無理だし」「どうせダメ」と否定するのではなく、「頑張ってみれば、なんとかなるんじゃないか」という気持ちで、何にでも果敢に取り組んでいく姿勢です。

自分に自信のない子は、何でもすぐに諦めてしまいます。勉強もすぐに「わからない」と言って投げてしまうのです。だからこそ、子どものうちに自信をつけさせることが必要です。
でも、自信をつけさせようと、習い事を目いっぱいやらせるのはダメ。習い事で毎日あっぷあっぷになった場合、突然プツンと切れることにもなりかねません。また、与えられたことをこなすだけの毎日では、考える時間も、何かを試そうとする時間もなくなってしまいます。つまり、自信をつけさせるどころか、コンプレックスを植え付けることになる可能性があります。

ですから、あなたの子どもに本当にその習い事をさせる必要があるかどうか、深く考えずに習い事をやらせたり、過密スケジュールにするのは、子どもを疲弊させるだけで、逆効果です。

■自分に自信がある子どもは、自分から勉強をし始める
勉強する習慣を身につけておくことは、子どもの人生にとって、とても大きな意味をもちます。それは、自分の頭で考える力を身につけることであり、何がほしいか、どうしたいかということを、自分で考えられる子どもになるからです。そして、自分に自信がある子どもは、勉強を自らやりだします。
ですが、中学生になってからやらせようと思っても遅いのです。なぜなら、反抗期に入ってしまって、それ以降はもう親の言うことを聞きません。だからこそ、12歳までに自信と勉強の習慣を身につけさせておくことが必要です。

かといって、他の子どもたちがうまくいった方法でも、あなたの子どもが同じようにできるとは限りません。また、「勉強しなさい」というお母さんのセリフは、子どもをつぶす最大の原因になります。ですから、あなたの子どもにとって一番いいやり方、いちばん伸びる方法を、お母さんが見つけてあげるしかありません。

子どもを塾に通わせている方は、「塾に通っているから大丈夫」と思っている方が多い。でも、「何が子どもに合うか」「ちゃんと勉強できているか」を見て、子どもが伸びる手助けをしてあげるのは、お母さんの役目です。

■ゲームやスマホをやめないのは、お母さんのケジメがないから
ゲームやスマートフォンとの付き合い方に悩んでいるお母さんは多いと思います。特にやめさせたいのにどうしても子どもがやめない場合、お母さんの方がルールを守れていないこともあるようです。

例えば、「ゲームは1日1時間、それを破ったら捨てる」と決めたとして、ほとんどの親は、子どもがルールを破っても捨てません。「捨てたよ」と言っておきながら、もったいないからと一旦隠し、後で出します。でも捨てると言ったなら、本当に捨てるべき。親の甘さを子どもに見破られないよう、親の覚悟も必要です。

もちろん、ゲームやスマホが全部だめだという訳ではありません。勉強にも役立ったり、友達との連絡に必要なこともあるでしょう。ただそれにのめり込みすぎて、勉強の習慣が身につかなかったり、睡眠不足になったり、親子の会話がなくなったりすることは問題です。
重要なことは、子供の将来を考えて、お母さんがきちんと子どもを導くということです。

◆書籍概要
書籍名: 12歳までに「自信ぐせ」をつけるお母さんの習慣
著者 : 楠本佳子
発売日: 2017年12月20日
出版社: CCCメディアハウス
体裁 : 179ページ
価格 : 1,300円+税
URL : https://www.amazon.co.jp/dp/4484172380

■著者 楠本佳子(くすもと・よしこ) 経歴
「こどもみらい塾」塾長。岡山県在住。
家庭教師15年、塾講師5年の経験から、現在は岡山県にて口コミのみで生徒を集める塾を運営している。
また、東大生と早大生を育てた自身の経験と、塾や家庭教師で幼稚園児から高校生まで教えた経験、さらにはモンテッソーリ教育、コーチング、心理学、脳科学の成果をまとめた独自の指導法をもとに、未就学児や小学校低学年のお母さんを対象としたセミナーやワークショップ、個別相談を受けている。

▽こどもみらい塾ホームページ
http://kuccumama.com

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう