記事詳細

【横山利香 打ち出の小槌】保険料に増税、厳しくなる生活…個人資産運用の「マネーフォワード」に注目 (1/2ページ)

 米英仏によるシリアへの攻撃が先々週末に行われました。地政学的リスクの高まりで株式市場に影響を及ぼすのではないかと懸念されましたが、日米ともに株式市場は堅調に推移しています。

 とはいえ、日経平均株価は2018年1月には2万4000円台だったわけですから、その時に比べれば10%程度下落していることに。また、ビットコインをはじめとした仮想通貨市場は、価格下落に流出事件が加わり、熱狂的な盛り上がりによる過熱感は落ち着きを取り戻しました。

 そして、女性限定シェアハウス問題を機に不動産投資には厳しい目が向けられています。超低金利の状況が長引くなか、資産運用を取り巻く環境は難しい局面を迎えていると言ってもいいでしょう。

 ただ、何もしなければ、社会保険料や消費増税といった負担が増え、生活は厳しくなるばかり。まずは私たちが置かれている現状を把握し、どう行動して、どう運用していくべきなのかを考える必要があります。

 そんなことから今週は、個人の資産運用に関連したマネー関連の企業に注目してみます。

 1つ目は「マネーフォワード」(3994)です。同社は個人向け家計簿アプリ「マネーフォワード」や、法人向けの「MFクラウド」シリーズをメーンに展開しています。

 以前はパソコンで使う家計簿ソフトが主流でしたが、スマートフォンやタブレット端末の普及で手軽に利用できる家計簿アプリが普及。個人のみならず法人向けも提供することで、安定した収益が期待できます。

zakzakの最新情報を受け取ろう