記事詳細

【横山利香 打ち出の小槌】店舗賃貸やメンテナンス関連に注目 「テンポイノベーション」6期連続最高益へ (1/2ページ)

 皆さんは、よく行くなじみの飲食店がありますか? 私たちが普段何気なく利用している飲食店は流行に左右されやすい業種と言えます。久しぶりに行ってみたら、「いつの間にか違うお店に変わっていた」という経験をしたことがある人も多いはずです。

 人件費や資源価格の上昇、天候不順などにより、さまざまなモノの価格が値上がりしています。価格は据え置きで内容量が少なくなる「シュリンクフレーション」をよく見かけますが、商品やお店を選ぶ消費者の目は厳しさを増しています。消費者に支持されなければ、飲食店も生き残ることが難しい時代です。

 そうした事態に陥らないために、店舗の場所の選定や運営などはプロに頼んだ方が安心。その観点から、今週は、店舗の賃貸やメンテナンス関連銘柄を取り上げます。

 まず「テンポイノベーション」(3484)。同社は、飲食店向け物件に特化して、大家から物件を借りて、店舗を出したい人に物件を貸し出す店舗賃貸事業を東京中心に展開しています。

 ここ数年は不動産価格の上昇や景気回復の影響で、賃貸物件も需給が逼迫(ひっぱく)しがちですが、同社を利用すれば店舗探しを容易に行うことが可能です。

 先日発表した2018年3月期の決算発表によると、経常利益は前期比22・6%増。19年3月期も増益見込みで6期連続過去最高益を更新する見通しになりました。ただし、足元の株価はもみ合う展開が続き、底打ちが待たれる状況。上昇トレンドへの転換を見極めたいところです。

zakzakの最新情報を受け取ろう