記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】歯科医療の国内最大級サイト展開「メディカルネット」増額修正 無借金企業で最低投資金額は10万円以下 (1/2ページ)

 3月期企業の決算発表が15日で一巡しました。好業績見込みの銘柄が今後は、選抜戦のように買われていくことが想定されます。そして、5月、6月期の好業績銘柄にも投資家の関心はシフトしていきます。

 今回注目するのは2010年にマザーズに上場した「メディカルネット」(3645)です。歯科医療を中心とした領域に特化したプラットフォームを構築し、歯科医院利用者と歯科医院開業事業者向けにインターネットを活用したサービスを提供しています。

 インプラント、矯正歯科、ホワイトニング治療の歯科医院全国6万件を網羅して検索できる日本最大級の專門情報サイトを展開しています。また、歯科医院向けに開業支援、マーケティング支援を行っているほか、育児・エステ・美容整形・がんの早期発見「PET検査」、料理、脱毛、デトックス、レーシックなど多彩なサイトを展開・運営していることが特徴です。

 株価は900円近辺で、時価総額は48億円強の軽量級銘柄です。近年、株価は低迷していましたが、今期から業績回復が鮮明になることが注目点です。

 4月に発表した今5月期第3四半期決算は、売上高12億8200万円(前年同期比17・5%増)、営業利益1億7100万円(同0・5%増)、経常利益1億7200万円(前年同期と同じ)。しかし、通期の予想は売上高17億7900万円(前期比20%増)、営業利益1億2500万円(同0・8%増)、経常利益1億2800万円(同1・6%増)で、通期の利益計画数値を第3四半期ですでに上回っています。

zakzakの最新情報を受け取ろう