記事詳細

【榊淳司 マンション業界の秘密】「うそつき」だとみられがちだが…「正直な不動産屋」はやっていける? (2/2ページ)

 前段で述べたが、業者は、あからさまなうそをつくと違法となるが、本来エンドさん(一般人)が知りたいであろうことを伝えなくても違法にはならない。賃貸住宅を斡旋する場合は「この部屋のオーナーはとんでもない強欲」だとか、戸建て住宅を販売する場合は「この場所は30年前には沼だった」というようなことだ。

 ところが「正直不動産」の主人公は、うそが言えないから、そういうことまで正直に伝えてしまう。すると、取引は成立しない。そして、社内での成績がどんどん落ちてしまう。あたり前だ。

 この「正直不動産」の原案作成者や担当編集者と話をする機会があった。「正直なままで、どこまでやるのですか?」と聞いてみたが、笑って答えてくれなかった。

 不動産業界の常識は、正直にやる必要はみじんもなく、取引を成立させることが最重要。そして、少しでも多くの仲介手数料を得ることだ。

 業者をすべて「うそつき」と捉える必要はないが、彼らがどういう行動原理でわれわれに接しているのかを理解しておきたい。

 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる(www.sakakiatsushi.com)。著書に「マンションは日本人を幸せにするか」(集英社新書)など多数。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース