記事詳細

【トップ直撃】東京進出で“焼肉食べ放題革命” ワン・ダイニングの高橋淳社長「最高の褒め言葉は『この値段で成り立つの?』」 (1/3ページ)

★ワン・ダイニング 高橋淳社長(57)

 関西や九州でおなじみの焼肉チェーン「ワンカルビ」が満を持して関東に上陸した。肉の質はもちろん、接客や居心地など、従来の食べ放題よりワンランク上の価値を提供するという。運営会社の社長は東京出身で大手商社勤めから、妻の実家が大阪で営む会社に転身、競争が激しい外食業界で、顧客も従業員も満足する経営を追求している。(中田達也)

 --18日に大阪北部地震がありました

 「周辺店舗で食器が全て破損するなど大きな被害を受けました。ご予約も多くいただいていおり、従業員一同、地域の皆様にお役に立ちたいという思いから、店舗の安全確認と食器の手配を行い、一部の店舗以外営業可能となりました。当日は営業開始とともに多くのお客さまにご来店いただきました」

 --4月には東京進出を果たしました

 「花小金井店のコンセプトは『食べ放題革命』です。食べ放題は安くてたくさん食べられるけど、料理や接客の質には必ずしも満足できない、という関東のお客さまの評価を、われわれの料理や接客、居心地で覆したいと考えています」

 --セントラルキッチン(集中調理施設)を置かず、店内で肉をカットしているそうですね

 「肉にとって一番大事なのは鮮度です。鮮度を重視するにはフローズン(冷凍)ではなくチルド(低温冷蔵)です。直前にカットすることで肉のおいしさを損なうことなく提供できることが当社の最大の特徴です。どの店でも品質を担保するために全て直営で運営しています」

 --48品の3080円(税込み3326円)コースでは、50歳代が2770円(同2991円)、60歳代が2460円(同2656円)、70歳以上が2150円(同2322円)と年代によって値段が違います

 「食べ放題で元が取れるか、特に関西の方は非常にシビアです。本物、良い物をご存じのシニア世代に来ていただいて初めて、店舗の価値が生まれると思っています」

 --半個室で落ち着いた雰囲気も特徴です

 「テーブルを6人掛けにしているのは3世代の方々に来ていただきたいからです。食材コーナーに取りに行くとお客さまの会話が途切れてしまうので、テーブルに座ったまま全てのオーダーができます。実際に提供するのはお肉やサラダですが、本当に提供したいのは『人生に2時間の幸せを』という価値です」

関連ニュース