記事詳細

ホンダ『ASIMO』は消えるのか NHK「開発とりやめ」報道

 ホンダの二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」は消えてしまうのか。NHKが28日、アシモの開発をとりやめたと報じた。ホンダ広報部は「開発をやめた事実はない」と否定したが、今後開発されるロボットに「アシモ」と名付けるかどうかは未定だとしている。

 アシモは2000年に1号機が発表され、11年まで7代にわたり改良された。現行機は「自律行動制御技術」を採用。視覚、聴覚、触覚にあたるセンサーを備えた。

 アシモの開発を行っていた組織は17年4月に再編されたが、ホンダ広報部は「2足歩行ロボットの研究は続けている」とした。一方で「今後出るロボットにアシモと名付けるかどうかは決まっていない」と話した。

関連ニュース