記事詳細

ラムチョップ100万本突破間近! 達成予想日募集キャンペーン実施中 「下町バルながおか屋」

 長岡商事が東京・上野や神保町で展開しているラムチョップ専門店「下町バルながおか屋」で、ユニークなキャンペーンが行われている。その名も「ラムチョップ100万本突破達成予想日募集キャンペーン」。同店の看板メニュー「かぶりつきラムチョップ」が、いつ販売数100万本を突破するかを予想してもらおうという企画だ。

 かぶりつきラムチョップは、「焼鳥と同じように愛されるソウルフード」を目指して考案されたメニューで子羊特有のクセや臭みがなく、ジューシーな味わいで人気のメニュー。年間25万本以上の販売数を誇り、6月末時点での売り上げ本数は98万3346本だという。

 予想日の応募は公式ホームページ(http://nagaoka-ya.com/)内の応募フォームから行い、予想が的中した人の中から抽選で1人に「ラムチョップ100本パスポート」(有効1年間)とオリジナルグッズが贈られる。締め切りは16日まで。