記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】機械式時計、手巻きを楽しむ至福の時間 限定新商品も出た「CLUB LA MER」 (1/2ページ)

 男性の腕時計保有数は平均3.5本という数字があるが、諸兄はいかがだろうか。太陽電池・電波受信・GPS機能付きのものだと世界中どこでも常に正確な時刻がわかるので、究極の1本だと私は思っている。

 時間は、日常的にはスマホでわかるし、都心部ならあたりを見渡すだけで時刻が目に入るので、腕時計を身に付けていなくてもたいして不便は感じない。

 だが、私は腕時計が大好きだ。高額なものはないが、30本超持っている。クオーツのものは電池交換が必要で、交換のための時間やお金がかかるので、電池切れとなったら順次お払い箱にしているが、常に新しいものが欲しいという気持ちは変わらない。

 それは腕時計を「時刻を知ることができるアクセサリー」と考えているためだ。腕時計のベルトと服や靴、ネクタイの色を合わせてコーディネートを楽しんだり、T.P.Oに応じて使い分けたいという思いが強い。私にとって腕時計は自分の個性や意志を示すツールでもあるのだ。

 そんな私がいま欲しいと思っているのは機械式の腕時計。進んだり遅れたりして正確な時刻を示さないが、それが逆にかわいい。

 現在は手巻き式6本と自動巻き2本を持っているが、手巻き式の竜頭を回したり、自分で決めた回数分だけ振って自動巻きを動かすのは私にとって至福の時間だ。

関連ニュース