記事詳細

猛暑がビール大手にも熱い追い風 「本麒麟」ヒット、酎ハイ好調

 ビール大手4社の7月のビール類販売実績が10日、出そろった。キリンビールはビール類全体の販売が、前年同月比15%増と大きく伸長したが、他の3社は前年同月を下回った。業界全体では前年を2カ月連続で上回ったもようだ。ビール類市場は13年連続で減少しているが、今夏の猛暑は業界に追い風となっている。

 キリンは、ビールと発泡酒が前年を下回ったが、第3のビールが「本麒麟」のヒットで53%増と異例の伸びをみせ、ビール類全体の販売を押し上げた。

 これに対し、アサヒビールのビール類は7%減、サントリービールは3%減、サッポロビールは8%減。西日本豪雨の被災地などで需要が減少したことが原因と分析する。サントリーは昨年7月に投入した高アルコール度数の第3のビールの売れ行きが一巡したため、今年は苦戦した。

 各社にとって猛暑効果は缶酎ハイなどの「RTD(レディー・トゥー・ドリンク)」で鮮明だ。サッポロは「しょっぱさ」を売りにする「男梅サワー」が好調で、RTD販売が前年同月比88%増となっているほか、各社ともに前年を上回っている。