記事詳細

【こんな時代のヒット力】“最も嫌な家事”空いた時間で「気軽にちゃんとやれる」 エステー「洗浄力 モコ泡わトイレクリーナー」 (2/2ページ)

 「モコ泡わ」は便器のフチ裏にシューッと1周スプレーするだけで、モコモコと泡が発生し、便器内全体に広がり洗浄する。シューッと勢いよく出て、泡が膨らみ洗浄しながら流れるような洗剤の処方と噴き出すガス圧を変えて、2000回以上繰り返し試した。開発は予定を超え、2年近くかかった。それでも、「クリーナー市場に新ブランドを立ち上げる必要があった」(同)。

 同社は日用品大手だが、クリーナーを販売した経験がなかったため、商談の仕方やデモ、動画のプレゼンなど販売の現場は試行錯誤だったという。

 発売にあたっては、消臭芳香剤のメガブランド「消臭力」の兄弟ブランドとして安全、安心の信頼と「クスッと笑えることを狙い」、「洗浄力」という商品名にした。

 宣伝については、泡をどう表現するか苦心したが、パッケージや商品デザインにもモコモコ感を取り入れた。CMでは「消臭力」と同じくミュージシャンの西川貴教が「洗浄力♪」と歌い上げた。

 18年2月、温水洗浄便座のノズルやノズル周りにスプレーするだけの「洗浄力 モコ泡わノズル専用クリーナー」を発売、8月には30万本を超える見通しだ。(村上信夫)

関連ニュース