記事詳細

【トラトラ株】再生可能エネルギー事業の成長期待「サカイHD」に注目 「アジャイルメディア・ネットワーク」好業績 (1/2ページ)

 日米株式市場共に波乱の展開となっている。10日のNYダウは前日比831ドル83セント(3・1%)安の2万5598ドル74セントだった。米長期金利の上昇が大幅安の主因だ。これを受け、11日前場の日経平均は前日比914円94銭(3・9%)安の2万2591円10銭となり、日経ジャスダック平均株価も、東証マザーズ指数も年初来安値を下回った。

 投資家心理が急速に悪化し、持ち株の処分を急ぐ動きが加速した結果だ。個人信用に追証も発生しているのだろう。だが、このような急落場面は年に数回はあるものだ。悲観する必要はない。資金管理を厳密に行った上で、冷静に前向きに相場に対応するべきだ。

 まず、サカイホールディングス(9446)は、再生可能エネルギー事業の成長期待で注目する。同事業については、昨年9月に和歌山市に「エスケーアイ和歌山発電所」を開設し、現在7発電所(内1カ所は子会社のエスケーアイ開発株式会社が運営)が順調に稼働している他、今後の東広島の大型プロジェクトおよび愛知県内でのプロジェクトについても計画に沿って推進している。この結果、2018年9月期第3四半期連結累計期間における売上高は11・75億円(前年同四半期比251・5%増)、営業利益は5・72億円(同346・0%増)となった。

関連ニュース