記事詳細

【こんな時代のヒット力】「食器手洗い・水切れ・片付け」まとめて時短! ライオン「CHARMYMagica速乾+」 (1/2ページ)

 手洗い用食器洗剤業界は市場の成熟化に直面している。低成長に苦しむ日本の産業の典型だ。「汚れ落ち」機能は飽和状態にあり、ほぼすべての家庭に1本はある製品。その市場規模は約420憶円である。

 そんななか、2017年9月にライオン(東京都墨田区)が発売した「CHARMY Magica速乾+(プラス)」(以下、速乾+)は、目標の約110%を達成するヒットを記録。食器洗いの「時短」という付加価値を提案し、売り上げ好調だ。

 開発のきっかけは、同社が定期的に行っている家事の実態調査。「食器洗いは延々終わらない」という主婦の一言だった。そこからインタビュー、作業観察などを繰り返す中、「洗ったら終わりではなく、水切りカゴから片付けるまでが食器洗いだと気付いた」(リビングケア事業部、鈴木彩子氏)。

 さらに、水切りカゴで自然乾燥させるのではなく、洗ってからふきんなどで拭く人が全体の54%。拭くことで手早く乾かして食器棚にしまいたいと考えている人が多いことが分かった。同時に「食器を拭く行為そのものや、濡れたふきんの手入れにストレスを感じる人が多い」ことも鈴木氏は実感した。

 それでなくとも毎日行う食器洗いは「主婦がキライな家事」の1位。「ごちそうさま」の後、夫や子供が楽しくテレビを見ているのに、「なぜ自分だけ」と置いていかれている気さえするのだ。

関連ニュース