記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】ペットボトルと同じ重さ!? 富士通新ノートPC「LIFEBOOK UH-X/C3」の衝撃 (1/2ページ)

 富士通クライアントコンピューティングが超軽量ノートパソコン「LIFEBOOK UH-X/C3」を発表した。13・3型ノートパソコンとして世界最軽量の698グラムという、次元を超えた軽さだ。

 これまでの世界最軽量記録も同社のLIFEBOOKだったが、今回の新型はさらに50グラムのダイエットを果たし、600グラム台の領域に達した。発表会ではわざわざ700ミリリットル入りのミネラルウオーターのペットボトルを記者たちに提供し、それとほぼ同じという軽さをアピールしていた。

 ついにパソコン、しかもかなりのハイスペックのものがペットボトルと重量を比較するような時代になったのかと思うと感無量だ。スマホの普及でパソコンを開くことがめったになくなったという人は少なくないと思うが、やはりパソコンでないとできないことは多いし、パソコンでやったほうが手っ取り早いという作業も多い。

 最近の学生はスマホでリポートを書いたり、就職の履歴書やエントリーシートでさえスマホで書くという話を聞くこともあるが、ちょっと長めの文章は、やっぱりパソコンでキーボードを使って書いた方が間違いも少ないし、読み直して推敲(すいこう)する場合も効率的だ。

 そんなパソコンが再び、日本のお家芸ともいえる軽量化の技術によって注目されているというわけだ。働き方改革でパソコンの軽量化が求められているというのも追い風らしい。

関連ニュース