記事詳細

【オーバーロクマル世代応援企業】違和感ない“老若”の融合「時間の濃さ実感します」 (1/2ページ)

★第8回 フォーシーズ

 この連載は、25年間で2万人の経営者と交流してきた人材採用コンサルタント会社・キイストンの細見昇市社長が、60代以上の就業に積極的な企業30社を選出。夕刊フジと共同で紹介・顕彰するものです。

 宅配ピザの「PIZZA-LA」や和食、フレンチなど全国で58のブランドを展開する「フォーシーズ」(東京都港区、淺野幸子社長、https://www.four-seeds.co.jp)。同社外食事業本部のアルバイト・パート従業員数は2000人。そのうちシニアは、ららぽーと豊洲の「吉祥庵」でホール担当している瀬尾京子さん(61)と「本場香川 宮武讃岐うどん」の製麺職人、久須美順一氏(61)の2人を含む77人だ。

 「吉祥庵~ららぽーと豊洲店」の開店は6年前。瀬尾さんは「オープンの時からですから、勤めて6年になります。現在は週5日、1日5時間の勤務です。日常生活に張り合いがあり出勤も楽しいですし、背筋がピンとしますね」と語る。現在、職場では若いスタッフを含め平日で8人前後、土・日・祝日は約10人と働いている。

 「年齢差は気になりません。不都合なことはないですね。若い方は、たとえて言えば自分の子供のような感じです。年齢が近いより離れているほうが、かえってよいのではないでしょうか。刺激を受けることもありますし、気持ちが若くなれますよ」

関連ニュース