記事詳細

【オーバーロクマル世代応援企業】シニアには「積み重ねた経験が備わっている」 必要なのは「覚えようという姿勢や意欲や熱意」 (2/2ページ)

 仕事の内容は原料の吟味や製粉だけではない。原料の新規開拓や買い付けも重要な仕事の一つ。「北海道の新得、長野県伊那、栃木県日光花蕎麦など、いわゆる“蕎麦処”へ、時には社長と一緒に赴くこともあります」という。保管する際の温度を変化させて味わいを確認するなど、「蕎学舎」ならではの研究にも余念がない。

 繊細かつ注意力が要求される仕事のためか黙々と取り組んでいるようで、職場では製粉工程別の機械が発する静かな音だけが流れている。

 「この仕事は未経験だから無理ということはありません。必要なことは、覚えようという姿勢や意欲や熱意ではないでしょうか」(黒澤氏)

 “蕎麦愛”にあふれる黒澤氏の表情を見ながら、「収入を得るだけが仕事ではないですから」と語った小松社長の言葉が印象に残った。(取材・土金哲夫)

関連ニュース