記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】都心で地方の情報を収集できる施設 ネットで見つけにくいリアルな情報も (1/2ページ)

 定年後は地方に移住して暮らしたいと考える読者も多いだろう。しかし、都心で働いていてはなかなか地方の情報は入手しにくい。自治体の出先機関でも情報は入手できるが、ちょっと敷居が高いと感じるのではないだろうか? 以前、一般社団法人移住・交流推進機構(JOIN)のウェブサイトを紹介したが、ネットでは見つけにくいリアルな情報を探したい読者には同機構が総務省から運営を受託する「移住・交流情報ガーデン」(東京・京橋)を紹介したい。

 JOIN参事、圓山裕基(まるやま・ひろき)さんによると、同施設の利用には事前予約などは不要で、気軽に立ち寄って各地域の移住情報を収集できるとのことだ。原則、平日は21時まで、土日も18時までオープン(月曜日定休)しているのでサラリーマンも立ち寄りやすい。パンフレットは自由に持ち帰ることができ、就労や就農についての具体的な相談も可能。

 また、今週末には東京ビッグサイトで大きなイベントが開催される。「1月20日に東京ビッグサイトで『JOIN移住・交流&地域おこしフェア』を開催します。事前申し込み不要、入場も無料ですので、地方への移住に興味がある方はぜひお越しください」(圓山さん)

 同フェアではいろいろな地域のリアルな情報が収集できる移住・交流相談ブースや、各地域での仕事の相談コーナーも設けられる。

 東京ビッグサイトのイベントにスケジュールが合わない人には、毎日のように「移住・交流情報ガーデン」で各自治体主催のセミナーやイベントが開催されている。そのテーマはさまざまだがシニア世代に向けたものもある。全国移住ナビ(https://www.iju-navi.soumu.go.jp/ijunavi/garden/)で、興味のある地域のセミナーやイベントを見つけ、問い合わせてみるといいだろう。(取材・構成 藤木俊明)

関連ニュース