記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】会社を辞め再就職できるか不安→「求職者支援制度」活用を (1/2ページ)

 【Q】 労働条件が不満で先日会社を辞めたのですが、雇用保険の加入期間が足りないため失業給付を受けられないことが分かりました。人手不足の状況とはいえ、自分のスキルに大きな自信があるわけではなく、再就職できるか不安です。(40代、男性)

 【A】 失業したが雇用保険の受給資格がない、あるいは雇用保険の受給が終了しても再就職先が見つからず、生活に困窮している人などを対象に、「求職者支援制度」があります。いくつか要件がありますが、職業訓練を原則無料(テキスト代などは別)で受けることができ、場合によっては職業訓練の受講を容易にする給付金(職業訓練受講給付金)も受給できます。まずはハローワークを訪ねてみてください。

 求職者支援制度の対象者は、(1)ハローワークに求職の申し込みをしていること(2)雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと(3)労働の意思と能力があること(4)職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと-という要件すべてを満たす必要があります。

 (2)については「失業給付を受給中に再就職できないまま支給終了した」「自営業を廃業した」「就職が決まらないまま学校を卒業した」などの場合も該当します。

関連ニュース