記事詳細

【トラトラ株】専門組織向け紹介実績が堅調! 売上高増加の「MS-Japan」 (1/2ページ)

 6日のNYダウは4日ぶりに反落したが、5日のダウは昨年12月上旬以来、約2カ月ぶりの高値で取引を終えた。1月の非農業部門雇用者数が市場予想以上に増えたことや、1月のISM製造業景況感指数が市場予想に反して上昇したことに加え、1月のISMの非製造業景況感指数が好不況の節目である50を大幅に超えたことなどが、米株高の背景だ。これは日経平均への追い風だ。しかし、国内では、2019年3月期通期の業績見通しを下方修正する企業が相次いでいる。これが上値圧迫要因だ。日経平均は大きく崩れることはない一方で、上値も重そうだ。

 まず、MS-Japan(6539)は好業績が注目ポイント。19年3月期第3四半期の売上高は28・45億円(前年同期比26・6%増)、営業利益は12・93億円(同64・9%増)だった。一般企業向け紹介実績が好調に推移したことに加え、専門組織向け紹介実績も堅調に推移し、精度の高いマッチングを実現したことで売上高が増加した。

 また、求職者については、第3四半期累計期間における人材紹介サービスの新規登録者数は1万2876人(前年同期比20・4%増)となり、年間計画値である1万7010人の新規登録者数の獲得に向けて順調に推移した。

 次に、メンバーズ(2130)も好業績が注目ポイント。19年3月期第3四半期連結売上収益は61・40億円(前年同四半期比17・6%増)、営業利益は5・27億円(同49・4%増)だった。EMC事業では所属するデジタルクリエイター数が609人(同12・8%増)となり、EMC事業全体の売上は、51・83億円(同8・2%増)。

関連ニュース