記事詳細

【家電の世界】小型、軽量で使いやすい! 東芝・サイクロン掃除機「TORNEO V」 (1/2ページ)

 東芝ライフスタイルのサイクロン式クリーナー「TORNEO V(トルネオ・ブイ)VC-SG900X」は、「本体が重い」「ごみ捨てがしにくい」「お手入れが面倒」といった掃除機に対する不満の声を解決することを目指した製品だ。

 本体の内部部品と風路構成などを新設計し、本体質量を従来機種の3・2キログラムから2・3キログラムへと、約28%の軽量化を実現。さらに、新機能の「トルネードプレス」を採用することで、ゴミの圧縮率を約7分の1にまで向上。ゴミを捨てるときのホコリの飛び散りや舞い上がり、ダストカップ内のネット部へのゴミ付着を低減させ、ダストカップ内の清掃時の負担を軽減することができる。

 ゴミを圧縮するための「シェード」の外周に、らせん形状の羽根(ブレード)を新たに設けることで、ダストカップ内の吸気した風の流れを、ブレードにより整流。シェード内の上昇気流をより強く発生することで、ゴミを強力に圧縮することができる。ゴミ捨て時の利便性のほか、ダストカップは簡単に分解できて丸洗いできることから、いつも清潔に保つことができる点もキレイ好きにはうれしい。

 さらに、3種類の異なる気流で、微細なちりや花粉などを分離する「バーティカルトルネードシステム」を採用。ダストカップ内のサイクロン部にフィルターが不要で、排気フィルターの目詰まりを抑え、吸引力を99%以上持続することができる。

関連ニュース