記事詳細

【オーバーロクマル世代応援企業】若いスタッフとの関係も円滑「仕事は協力し合うもの…年齢や性別は気にしない」 (2/2ページ)

 勤続20年になる平川氏は「勤務は週5日で、10時から18時までの日と、週に2回は23時までの日があります」と語る。長時間の勤務では「休憩時間がありますが、疲れることは疲れますし、忙しい時間は辛いですね」と言う。

 一緒に働くスタッフとは、開店前や客が途切れた時間帯などに世間話をしたり、閉店後に「今日は忙しかったね」などと会話する。「皆さん年下ですが、コミュニケーションに問題はないですね」という。

 「年相応に疲れはしますけれど、幸いにも健康状態は良好なので、目安としては70歳で、その時の判断で可能であれば続けたいと思っています」

 一方、大田氏は「1991年からですから勤続27年になります。店舗は異動があり、この店で15軒目です」と言う。勤務は10時から休憩を挟んで16時までで週5日。平川氏同様、若いスタッフとの関係も円滑だ。「仕事って協力し合うものですから、年齢差や性別は気にしたこともないですね」

 今後については、「現在70歳です。健康なので、いつまでとは断定できませんが自分の判断、会社の判断で、ダメだというまで働きたいですね。仕事って人生の修行であり、感謝の気持ちを持ち続けることだと思いますよ」と意欲的に語ってくれた。(取材・土金哲夫)

関連ニュース