記事詳細

明治が「乳児用液体ミルク」発売 4月下旬から

 明治は13日、乳児用液体ミルク「明治ほほえみ らくらくミルク」を4月下旬から全国のドラッグストアやベビー専門店などで発売すると発表した。

 お湯で溶かすなどの調乳作業が不要で、哺乳瓶に移し替えてすぐに飲めるのが特徴。災害備蓄用途としての活用を考慮して丈夫なスチール缶を採用し、賞味期限は1年とした。1缶240ミリリットル、希望小売価格は232円。

 同社の松田克也社長は、「近年は育児負担の軽減も社会課題となっている。乳幼児用ミルクのラインアップの充実を図り、社会課題の解決に貢献していきたい」と話した。

 また、同社と日本気象協会が協力プロジェクトを立ち上げ、防災備蓄と液体ミルクの啓発活動を行っていくことが発表された。