記事詳細

日銀、輸出・生産の判断引き下げ 中国経済の減速反映

 日銀は15日、金融政策決定会合を開き、国内景気の個別項目のうち輸出と生産の現状判断を引き下げた。中国経済の減速を背景とした最近の落ち込みを反映した。景気の総括判断は「輸出・生産面に海外経済の減速の影響が見られるものの、緩やかに拡大している」とし、前回の「緩やかに拡大している」よりも慎重な見方を示した。現行の大規模金融緩和策は維持した。

 景気項目の下方修正により、大規模緩和策は一段の長期化が見込まれる。世界経済の減速が進み、円高進行や国内の景気悪化が明確になった場合、追加の金融緩和策を打ち出す可能性もある。

 前回1月の決定会合では、輸出と鉱工業生産をいずれも「増加基調」としていたが、輸出は「足元では弱めの動きとなっている」、鉱工業生産は「足元では弱めの動きとなっているが、緩やかな増加基調にある」にそれぞれ引き下げた。

 海外経済の現状判断も「減速の動きが見られるが、総じてみれば緩やかに成長している」とし、前回より慎重な見方を示した。

関連ニュース