記事詳細

【トラトラ株】「リックソフト」売上高は順調に増加見込まれ、高成長期待で注目 (1/2ページ)

 日経平均は4日の2万1860円39銭で目先天井をつけ、11日の2万0938円00銭で目先の底入れを果たした格好だ。中国政府が2019年の経済成長率目標を2年ぶりに引き下げたことや、ECB(欧州中央銀行)が年内の利上げを断念するなど突然「ハト派」に転じたことで、世界経済の成長鈍化懸念が急速に強まったことが、それまでの下落の背景だ。

 しかし、8日発表の2月の米雇用統計では、非農業部門の就業者数は市場予想を大幅に下回ったものの、失業率は前月から0・2ポイント低下し、平均時給も前年同月比3・4%増えたことが評価され、足元で米国株式市場が持ち直した。これを追い風に、11日に日経平均もいったん底を打った。そうはいっても、目先は方向感の乏しい相場が継続しそうだ。

 まず、リックソフト(4429)は、高成長期待で注目する。多くの企業で利用され急成長しているツール提供ベンダーとして豪州のAtlassian Pty LTD社がある。同社グループはAtlassian社とともに日本顧客にAtlassian製品を提供し成長してきた。Atlassian製品を購入する際のパートナーに同社グループを選定してくれる顧客が増えてきており、Atlassian製品ライセンスを中心に売上高は順調に増加が見込まれ、19年2月期の売上高は22・87億円(前年比32・4%増)、営業利益は2・59億円(同98・4%増)を見込む。

関連ニュース