記事詳細

ZOZO前澤劇場、波乱の第二幕! ツイッター“再開”で「信頼を取り戻しつつある」も株価急落 (1/2ページ)

 本業への集中を宣言していたZOZO(ゾゾ)の前澤友作社長(43)が沈黙を破った。休止していたツイッターを“再開”、専門紙のインタビューで「ゾゾ離れ」について語った。「信頼を取り戻しつつある」という前澤氏だが、同社の株価は急落するなど波乱含みだ。

 19日の株式市場でゾゾの株価は前日比11・31%下落の2000円で取引を終え、約1カ月ぶりの安値水準となった。前日は100円を超える上伸を記録したが、JPモルガン証券が投資判断や目標株価を引き下げたことで売りが集まった。

 前澤氏は2月7日のツイッター休止宣言以降、つぶやいていないが、プロフィル欄を更新し、「ツイッター休止後初の独占インタビューを受けました」というコメントとともに、ファッションビジネス専門紙、繊研新聞による前澤氏インタビューの記事へのリンクを掲載した。

 ZOZOでは有料会員になれば割引を受けられる「ZOZO ARIGATO」の導入以降、有力ブランドの撤退が相次いだが、同紙のインタビューで前澤氏は「ブランドの一部離反は想定していましたが、私的な報道の過熱や、そこに便乗した『ゾゾ離れ』というマイナスワードは想定外」だったと語っている。

関連ニュース