記事詳細

ZOZO前澤氏所蔵…酷似絵画がオークション出品!? 一方で保有株の9割が担保に… 株下落で?「重要な契約の変更」 (1/2ページ)

 沈黙しているはずのZOZO(ゾゾ)、前澤友作社長(43)が、ネット上をざわつかせている。自慢のコレクションとみられる有名絵画の一部が海外の競売会社で売りに出されているのではないかとの指摘があるのだ。一方、ゾゾの筆頭株主でもある前澤氏だが、保有株の約9割が金融機関の担保に差し入れられていることも分かった。

 「ZOZOの人のコレクションでは?」「興味なくなった?」

 話題になっているのは、世界最古の競売会社、サザビーズが来月1日に香港で開催するオークション。出品予定の作品として数々の有名絵画が並ぶ中、前澤氏がこれまでメディアの取材や自身のツイッターなどで、コレクションとして紹介してきた絵画とよく似た作品が競売にかけられているというのだ。

 具体的には現代美術家ルドルフ・スティンゲルの作品(落札見積価格約1億1100万~約1億8100万円)や、現代アーティストのジョージ・コンドの作品(同約5700万~約7800万円)などだ。

 2016年にファッション誌「GQ JAPAN」で前澤氏は、「アートは1回も売ったことないです。ずーっとコレクションしつづけ、基本的には生活空間の中に置いておく」と答えていた。

 出品されているのは前澤氏の所有品なのか。ゾゾ広報部に尋ねると、「個人の資産に関わることになるため、こちらからの回答は難しい」とのことで、真偽は確認できなかった。

関連ニュース