記事詳細

明治安田生命&早稲田大学、包括連携協定を締結

 明治安田生命と早稲田大学は27日、各地域の地方創生に寄与することを目的として包括連携協定を結んだ。

 この協定は、同大が持つスポーツ栄養学などの知見と同社の保険事業、サービスに関する知見や全国規模のネットワークを活用し、地域住民の健康増進を目的とする。今後、同社の「みんなの健活プロジェクト」の新たなコンテンツとして活用していく。同大が企業とこのような協定を結ぶのは初めて。

 同日、都内で行われた締結式には、同社の根岸秋男社長と同大の田中愛治総長が出席。同大の卒業生でもある根岸氏は「まずは健康、スポーツ栄養学という分野にこだわって、健康増進につながるようやっていきたい」と今後の展望を語った。