記事詳細

【介護離職に備えよ】いよいよ「2025年問題」が現実味帯びてくる (2/2ページ)

 そこで、新年度である来月からは、本欄を《人生100年時代「これから、どうなる」》と改題し、介護離職を含めたさまざまな問題を解説するだけでなく、「実際に相談できる」サービスを提供していこうと考えている。優良な老人ホームの見学会なども告知する予定なので、悩んでいる人には必読のコラムとなるはずだ。ご期待いただきたい。

 ■「親のこと」相談受け付けます

 高齢の親が抱える問題は、すべての子世代が直面する問題で、悩みは人それぞれです。そこで夕刊フジは、当欄執筆者の大澤尚宏氏が代表をつとめる「株式会社オヤノコトネット」と協力し、読者からの相談を個別に受け付けます。老後のお金や老人ホームの選び方、相続などの「親のこと」について、知識と経験豊富なオヤノコトネットの相談員がアドバイスします。

 相談料は税込み1万円。相談場所は原則として東京・大手町の産経新聞社会議室。ご希望の日時に相談員との面談を設定します。相談申し込みは夕刊フジ編集局「オヤノコト」相談係(03・3275・8872、メール:oyanokoto@fujinews.com 折り返し係から返信します)。

 ■大澤尚宏(おおさわ・たかひろ) オヤノコトネット(www.oyanokoto.net)代表取締役。1995年に日本初の本格的バリアフリー生活情報誌を創刊。2008年、「そろそろ親のこと」をキーワードにオヤノコトネットを創業し、「高齢期の親と家族」に関わるセミナー講師や企業のマーケティングアドバイザーとして活躍している。近著は『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)。

関連ニュース