記事詳細

【オーバーロクマル世代応援企業】元気と心意気を乗せて届ける「炉端焼き」 職場での年齢差も気にせず (1/2ページ)

★第26回「スタイルスグループ」

 この連載は、25年間で2万人の経営者と交流してきた人材採用コンサルタント会社・キイストンの細見昇市社長が、60代以上の就業に積極的な企業30社を選出。夕刊フジと共同で紹介・顕彰するものです。

 杜の都・仙台で「三陸天海一家」「津田鮮魚店」などを14店舗、東京・新橋で「肉炉端TOKYO BAT」などを5店舗展開する「スタイルスグループ」(仙台市、佐々木浩史社長、http://www.styles-group.com)。

 「社員、パートを合わせた従業員数は263人です。そのうち60歳以上のシニアは社員、パートそれぞれ4人で計8人になります」と佐々木社長。最高齢は69歳のパート従業員という。佐々木社長はシニアを雇用するメリットを次のように語る。

 「新しいシステムなどへの抵抗感もあるようですが、安定した長期採用が可能な点が大きいですね。そのうえ、成功も失敗も含め、さまざまな経験をしてきたことや身につけた知識、若手への教育・指導など、シニアでしかできないことが備わっていることですね」

 その1人が、「三陸天海一家」の炉端焼きオープンキッチンで調理、焼き物を任されている馬場正喜氏(61)だ。

関連ニュース