記事詳細

【トップ近況】「シニア向けニーズの開拓」 太陽生命保険・副島直樹社長

 太陽生命保険の副島直樹社長(60)は、経営の課題について「シニア向けのニーズの開拓だ」と話す。認知症と診断されれば一時金を支払う保険の販売に注力しており、高齢者が必要とする商品の開発をこれまで以上に加速する考えだ。

 4月1日付で副社長から昇格した。経営方針を決める企画部門などを経験し「90歳になっても保険の新たなニーズがあると分かった」という。介護支援や生活習慣病の予防につながるような保険の開発を目指す。

関連ニュース