記事詳細

【売れないモノを売る極意】好みバラバラでも大丈夫! 家族全員を満足させる“遊びの方程式” (1/2ページ)

 もうすぐゴールデンウイーク。今年は新天皇のご即位を祝しての10連休ですから日本中がお祝いムードに包まれて、ワクワク感がさらに高まりそうです。家族で旅行やレジャーを計画している人も多いでしょう。

 ただ最近は家族の好みが異なるため、全員が満足できる場所を選ぶだけで一苦労。インターネットの情報も多すぎて「この機会にあれも、これも」と、つい欲張ってしまうようです。

 そんな“いまどきの家族”の目を引こうと、サービスのあり方も変わり始めました。たとえば回転ずしの「くら寿司」は今春、すし店なのにハンバーガーを発売。確かにすしだけのメニューよりも家族の満足度はアップするでしょう。

 観光施設も例外ではありません。特に家族連れをメーンターゲットとする郊外の施設に変化が見え始めています。たとえば近年、子育て世代に人気の滋賀県では、郊外の山中に広がる体験型観光農園「ローザンベリー多和田」(米原市)に、世界的に有名な英国の人気アニメキャラクター「ひつじのショーン」が登場しました。

 体験型農業公園といえば、大自然の息吹と大地の恵みを体感しながら採れたての野菜を買ったり、その場でパンやピザをつくったりするところ。もちろんここも農園ならではの体験はそろっていますが、それに加えて今春、世界的なキャラクターが登場して、ディズニーランドのようなグリーティングを始めたのです。

関連ニュース