記事詳細

【今日から始める10万円株】連休中の「持つリスク」回避の売りを逆手に取る 「あんしん保証」「Fringe81」など (1/2ページ)

 大型連休を目前に控え、株式相場はリスク回避の売りによって下ぶれの可能性が高いとみられていたが、いまのところ大きな波乱は見られない。それでも、4月に入って日経平均株価が上昇基調にあるのに対し、個人投資家の取引が多い東証マザーズ市場の指数は低迷が続いている。ここに、やはり個人投資家の姿勢が表れている。

 相場が急落でもしていれば、反発期待が高い銘柄の底値を狙って買いを入れるのは有効かもしれない。しかし、やはり10日間も売り買いができないことを考えると、「持たざるリスク」よりも「持つリスク」の方が高いと言わざるを得ない。

 連休明け後は3月決算企業の決算発表がピークを迎える。焦点は来期業績なので予想するのは難しいが、予想が好調な銘柄に関しては物色が集中する可能性が高いため、連休中の何日かは企業研究にあてたいところだ。

 とはいえ、ほかにも狙い目の銘柄がないわけではない。先ほど「反発期待の高い銘柄の底値を狙う」と書いたが、マザーズ銘柄にはある程度、連休中のリスク回避のための売りが出ているはずだ。連休明けの買い戻しを狙って、そうした銘柄を買ってみるのも一手だろう。

関連ニュース