記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】就業時間外の研修、残業代が払われるべきでは? (1/2ページ)

 【Q】病院に勤務する看護師です。この春に病院を転職したところ、日勤の就業時間後に院内の研修会がたびたび開催されています。残業代は出ないのですが、上司からは「日々の業務や医療の質の向上に関連するから基本的に参加するように」と言われます。出欠がチェックされ、一時金の査定にも使われるようです。自分のためにも患者のためにもなるからと納得しようと思っていますが、本当は残業代が払われるべきなのではないでしょうか。(20代)

 【A】連合の「なんでも労働相談ダイヤル」では、医療・福祉分野で働く人からの相談件数が多い状況が続いています。病院で、患者が安心・安全に医療を受けられるようにするためにも、そこで働く皆さんのディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を確保することがとても重要です。

 さて、相談者の場合、名目上は「自由参加」ですが、実態として「強制参加」といえる様子がうかがえます。研修内容も自己研鑽(けんさん)の範囲にとどまらず、受講しなければチーム医療の遂行に支障をきたすことがあるようです。

 裁判では「参加の強制がなく自由参加のものであれば、労働時間にはならないが、就業規則上の制裁等の不利益取り扱い等により、事実上参加を強制される場合には労働時間となる」との判例があります。

関連ニュース