記事詳細

【家電の世界】令和は「個電」が主流の時代に!? 薄型テレビ、白物家電…平成は「こだわり」の時代だった (1/2ページ)

 振り返ってみると、平成の家電は、新たな技術を活用した「こだわり家電」の時代であったともいえよう。

 最大の変化は、テレビのデジタル化だった。2011年にアナログ放送が停波。ブラウン管テレビから、液晶やプラズマ、有機ELといった薄型テレビへと移行した。画面は「4対3」から「16対9」へと横長化。ブラウン管時代には大型だった32型がいまでは中小型に分類され、50型以上の画面で視聴する家庭も珍しくなくなった。

 18年12月からは、4Kおよび8Kの新衛星放送が開始され、より高精細な映像を楽しむことができるようになった。

 普及しなかったものもある。そのひとつが3Dテレビだ。対応コンテンツの広がりに限界があったこと、専用の3Dメガネが必要であることが響いた。

 レコーダーのデジタル化も進展した。番組表から直接予約したり、好みを理解してお勧め番組の自動録画も可能になった。全ての番組を録画する全緑レコーダーで、見逃した番組や話題になったドラマを再生するといった使い方も可能になった。

 白物家電では、新たな技術に支えられた「こだわり家電」がさらにめじろ押しだった。

 なかでも、注目を集めたのが、プレミアム家電と呼ばれる製品群。06年に三菱電機が内釜に熱伝導率が高い炭を使った10万円以上の炊飯器を発売。シャープは「水で焼く」という独自の過熱水蒸気技術を活用したウォーターオーブン「ヘルシオ」を投入した。人工知能(AI)を活用したエアコンでは、人を認識して、気流を自在に制御する機能を実現した。イオンによって髪に潤いを与えたり、ムダ毛を簡単に処理できる理美容製品群も大きく進化した。

関連ニュース