記事詳細

野口悠紀雄氏、独占インタビュー 世界の大きな変化に気付かなかった日本 平成の失敗を令和に生かすために… (1/3ページ)

■自分こそがプレーヤーという意識を持て

 日本経済にとって「失われた30年」と言われた平成が終わり、令和が始まった。バブルに狂乱し、金融大崩壊に震撼した時代、われわれは何をなくし、今どんな課題と直面しているのか。『平成はなぜ失敗したのか 「失われた30年」の分析』(幻冬舎)の著者で経済学者、野口悠紀雄氏を独占直撃。新時代を生き抜くために同じ轍を踏むわけにはいかない。 (聞き手・森本昌彦)

 平成を通じ、日本の国際的地位は一貫して低下していった。その意味で、日本はこの間、経済的に失敗した。

 例えば、平成の初めごろ、中国は日本に比べると、取るに足らない存在だった。ところが、日本のGDP(国内総生産)に追いつき、今では2倍ほどの規模になった。

 米国もこの間に成長した。1990年代初め、日本の1人あたりのGDPは米国より高く、豊かだった。それが米国に抜かれ、現在はかなりの差がついている。

 日本の国際的地位が低下した要因について、私は日本人の「慢心」にあると考えている。日本は80年代に輸出で世界を制覇した。つまり、日本の経済力がこの時期に拡充したことで、多くの日本人が「日本は優れた国だ」といい気になってしまったのではないか。

 一方、80年代から90年代にかけて、世界では非常に大きな変化が起こっていた。それは、中国の工業化やITという新たな技術の登場だが、日本人は気がつかなかった。譬(たと)えていうなら、日本人が眠っている間に、世界が大きく変わってしまったということだ。

 ジュリアナ東京というディスコは、日本人がバブルの崩壊に気づけなかったことを示している。バブルの象徴とみられるジュリアナは80年代にできたと思っている人が多いが、オープン(91年)は株価下落が始まってから1年半近くも後だった。つまり、経済が崩壊しつつあることに目を向けず、日本人は踊り狂っていた。

関連ニュース