記事詳細

【家電の世界】玄関も手軽にきれいに! シャープ「キャニスター掃除機」 (1/2ページ)

 大型連休には親戚や友人などが自宅を訪れたという人も多いのではないだろうか。そんなとき、気になるのが玄関の汚れだが、土足で歩く玄関の掃除に、室内で使っている掃除機を使うには抵抗があるという人も少なくないようだ。

 シャープが新たに発売した電源コード付きキャニスター掃除機「EC-VP510」は、そうした課題を解決できる商品。市場想定価格は5万円前後(税別)。

 業界初となる玄関専用ブラシアタッチメント「スグ換え玄関ブラシ」は、シャープ独自の「スグトルブラシ構造」を活用することで、部屋の中で使っているヘッド部分を足で軽く押さえながらパイプボタンを押せば、先端がブラシに変わる。そこに、玄関先に常設できる専用ケースに入った「スグ換え玄関ブラシ」をパイプの先端から押すようにして取り付ければ、玄関専用ブラシで掃除ができる。

 玄関掃除が終わったら、専用ケースに置きながらパイプボタンを押せば、玄関ブラシに触らずに交換できる。玄関ブラシはそのまま専用ケースに収納しておけばいい。かがまずに簡単に着脱できるため、部屋掃除の延長線上で、玄関掃除ができるようになるというわけだ。

 玄関ブラシの毛はデッキブラシのように硬めのもの。紙パック方式の採用で、玄関掃除で吸い込んだゴミを触ったり、見たりしないで、そのまま捨てられるというメリットもある。

関連ニュース