記事詳細

膝にやさしい、つまづきにくい… アシックスの健康シューズを販売開始

 最近つまづきやすくなって歩くのがちょっと怖い…。散歩に行きたいけど、膝の痛みが気になって…。紐靴の脱ぎ履ぎが億劫で…。そんなお悩みで外出に消極的な方が少なくないのではないでしょうか。産経ネットショップでは、お悩みを解消しつつ、洗練されたデザインのアシックスのヘルスサポートシューズ「ライフウォーカー」シリーズの販売を開始しました。<産経ネットショップ>

 ライフウォーカーシリーズは、アシックスが「しっかり歩くことを通じて、健康な日々を支える」をコンセプトに開発した中高年向けシューズ。アシックススポーツ工学研究所で、さまざまな年代の人の歩行の特徴を分析し、スポーツ分野で培った技術を生かしています。

 販売を始めたのは、紳士用の定番モデル2タイプ。膝にやさしい「ニーサポート」と、脱ぎ履きしやすいタイプ。2タイプともソールのつま先を少し上げることで、平らな路面でつまずきにくくするとともに、足の小指側のソールに厚みを持たせることでバランスをとりやすくしているのが特長です。また、着地時の安定性を高めるため、かかと部を少し上げた形状にしており、スポーツ分野で培ったアシックスの技術が生かされています。

 ニーサポートタイプは、厚みのある中敷きでクッション性を向上。年齢を重ねて関節が弱くなるとO脚気味になり、ひざの内側に負担がかかりやすくなるとされていますが、O脚に対応した構造で膝の内側にかかる負担を軽減させています。

 デザインは3種あり、靴ひもタイプのスポーティーな「ニーサポート200」(1万584円)は洗練されたデザインながら、履き口両サイドがゴム仕様になっており、毎回ひもを結び直さなくても脱ぎ履きできる設計です。

 「ニーサポート3」(9504円)はスラックスなどにも合わせやすいシックなデザインとカラー。靴の甲とベロを一体化し、脱ぎ履きしやすいモノソック構造を採用しています。面ファスナーを採用し、さらに脱ぎ履きしやすくしたのが「ニーサポート201」(8640円)。ベルトでしっかりと足をホールドします。

 靴の上部を大きく開け、柔らかな素材でさらに脱ぎ履きしやすさを追求したのが「ライフウォーカー「101」(6804円)「1」(8424円)「101」はお求めやすい抑え目の価格設定。「1」は普通のスニーカーのようですが、靴ひもは飾りひもで靴上部が面ファスナーになっており、デザインが気になる方にぴったり。お出掛けだけでなく、健康体操や室内運動にもおすすめシューズです。

 全商品とも価格は税込み。ワイズは3E相当です。

産経netShop

アシックスジャパン ライフウォーカー ひざにやさしい靴 ニーサポート 200 アシックスジャパン ライフウォーカー ひざにやさしい靴 ニーサポート 200 アシックスジャパン ライフウォーカー ひざにやさしい靴 ニーサポート 3 アシックスジャパン ライフウォーカー ひざにやさしい靴 ニーサポート 3 アシックスジャパン ライフウォーカー ひざにやさしい靴 ニーサポート 201 アシックスジャパン ライフウォーカー ひざにやさしい靴 ニーサポート 201 アシックスジャパン ライフウォーカー 脱ぎ履きしやすい靴 101 アシックスジャパン ライフウォーカー 脱ぎ履きしやすい靴 101 アシックスジャパン ライフウォーカー 脱ぎ履きしやすい靴 1 アシックスジャパン ライフウォーカー 脱ぎ履きしやすい靴 1