記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】60代男性の3人に1人以上が独立・開業に興味 (1/2ページ)

 独立・起業を検討している50代、60代はどれぐらいいるのだろうか? 株式会社マイナビが運営する独立・開業支援サイト『マイナビ独立』(https://dokuritsu.mynavi.jp/)の「2019年版 独立・開業に対する意識調査」によると、独立・開業に興味があると答えた人の割合は、50代男性(47・2%)、60代男性(36・9%)となっている。50代の男性ではおおむね半数、60代男性でも3人に1人以上が興味を示しているようだ。50代女性で興味があると答えた人は29・6%、60代女性では22・3%となる。

 同調査では独立・開業に重視するポイントを聞いているが、50代男女では「自分のペースで働ける・自分の時間を持てること」(16・5%)が1位で、次いで「生涯に渡って働けること」(15・0%)「定年後も安定した生活を得られること」(13・5%)と続き、50代では定年後の働き方を視野に入れている様子がわかる。

 しかし60代男女では少し様子が変わり、1位は「これまでの経験や能力が活かせること」(16・5%)。ついで「自分の考えやアイデアを実現できること」(14・0%)「自分のペースで働ける・自分の時間を持てること」(12・5%)と続く。50代に比べて、ポイントがより具体的に絞られているように見える。

関連ニュース