記事詳細

【一生働く!】経験・資格を活かせる職場で、シニア人材をベストマッチング!  (2/2ページ)

 ■シニア人材事業の構想

 シニア人材の派遣・紹介を行う先は、経験や資格を生かせる職場が第一。さらに人材不足度の高い領域で、ビジネスチャンスとしての可能性の大きいところが候補になる。介護・福祉施設(介護士、看護師、ケアマネジャーなど)、建設業(施工管理、設計・設計監理、専任技術者など)、会計事務所(スタッフ、税理士、入力事務など)、調理師、テレアポインター、特許事務、経理などの分野だ。

 「一方、シニアの中には履歴書や業務経歴書の作成・面接などのノウハウが不足している人もおり、“キャリアの棚卸し”などを時間をかけて支援する必要があります。年齢を気にせず面接をしてもらえる仕組みづくりも課題だと思います」(平塚さん)

 近い将来、同社のような人材マッチングにたけた企業がシニア事業を展開することに期待したい。(「オレンジ世代」取材班)

関連ニュース