記事詳細

共栄火災海上保険が「WEBストレスチェックサービス」無償提供 企業のメンタルヘルス対策に対応

 共栄火災海上保険は1日から、企業のメンタルヘルスチェック対策に対応した「WEBストレスチェックサービス」の無償提供を開始した。

 近年の従業員の過重労働や過労死が社会問題化するなか、2015年12月から従業員50人以上の事業者に対してストレスチェック制度の導入が義務付けられ、こうした背景のもと、設けられたもの。

 このサービスは、同社の業務災害補償保険に「使用者賠償責任補償特約」を付けて加入した事業者が対象で、チェックが義務化されている「常時使用する労働者が50人以上の事業場」のほか、努力義務である「常時使用する労働者が50人未満の事業場」でも利用できる。チェックもパソコンやスマホ、タブレットで簡単にでき、メンタルヘルスに関する専門家とのチャット相談も受けられるなど労務・労災リスクへの備えと、従業員の安全・健康に向けた充実した内容となっている。