記事詳細

【トップ直撃】マクドナルド、ユニクロで培った「人材育成」経験 辞めたくならない会社つくる! ホスピタリティ&グローイング・ジャパン、有本均社長 (1/4ページ)

★ホスピタリティ&グローイング・ジャパン 有本均社長(62)

 企業にとって人材確保が難しい時代になった。外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法の成立がそれを裏付ける。そんな中、一度採用した従業員が辞めたくならない会社になればいい、と提唱している会社がある。サービス業に特化した研修システムを提供するホスピタリティ&グローイング・ジャパンの有本均社長は、そのカギが教育にあると説く。(村山繁)

 --どんな事業ですか

 「もともとはサービス業に特化した人材育成の会社です。人材育成の仕組みを体系化して『グローイング・アカデミー』という教育機関で提供しています。サービス業に特化したのは、私自身がサービス業の現場で勤務経験があるから。サービス業の発展、将来に貢献したいという思いで設立しました。今は人材の紹介や、派遣もしています。採用から教育、評価まで、ヒューマンソリューション、人に関する課題解決を事業としています」

 --サービス業が抱える人材の課題とは

 「今は人材が採用できないという悩みや課題が多いです。誰かが辞めてしまうと、代わりが見つからないというケースもあります。まずは辞めないようにいまの社員を育てることに会社全体で取り組まないといけない時代になりました。われわれはそれを支援します」

関連ニュース