記事詳細

景況感、2期連続マイナス 

 財務省と内閣府が13日発表した4~6月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がマイナス3.7となり、2四半期連続で「下降」が「上昇」を上回った。製造業がマイナス10.4となり、米中貿易戦争に伴う中国経済の減速などで企業心理が悪化していることを示した。

 自動車関連や生産用機械器具製造業の下落が目立った。中国に輸出する部品需要の減少が要因となった。非製造業もマイナス0.4だった。マイナスは4四半期ぶり。

 財務省は4~6月期は落ち込みやすい傾向があるとし、大企業の先行きは7~9月期がプラス6.7、10~12月期はプラス0.4を見込んだ。