記事詳細

ソフトバンク・孫正義社長が語る「日本復活のシナリオは…」 (1/2ページ)

 「日本の労働生産性はRPA(ロボットによるプロセス自動化)とAI(人工知能)で上がる。人間は(生まれた余剰時間で)創造性を発揮できるだろう。これが日本復活のシナリオだ」--ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)は6月13日、RPAツール大手の米Automation Anywhereが都内で開いたイベント「IMAGINE TOKYO 2019」でそう話した。

 Automation Anywhereが手掛けるのは、PCを使った事務作業を自動化する法人向けのRPAツールだ。米国のRPA市場でトップシェア(米調査会社・Forrester Research調べ)を誇り、米Googleや米Cisco、米General Motorsなどにも供給されている。

 Automation Anywhereは2018年3月に日本法人を設立。11月にはソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)から3億ドル(約325億円)の出資を受けた。

 SVFはAIを事業の中心とする世界各国のユニコーン企業(評価額が10億ドル以上、非上場のベンチャー)への出資を進めてきた。Automation Anywhereを出資先に加えた理由は、RPAの分野にもAI技術を積極的に取り入れる同社の方針がソフトバンクのビジョンと一致したからと孫社長は説明する。

 「従来のRPAは人間の単純作業を置き換えるだけだった。RPAにAIを取り入れることで、ロボットが同じキーを押すだけでなく、学習内容から別のキーを押せるようになる。RPAの分野でもAIを使った仕組みを強化すべきだ」(孫社長)

 Automation AnywhereのRPAツールは自然言語処理や機械学習を使うことで、解像度の低い文書の文字を読み取るといったAI特有の非構造化データ解析(画像・音声処理など)に強みがある。

 イベントの途中、孫社長は「(Automation Anywhereへの追加出資について)昨日、話をした」と語った。規模などは明らかになっていない。

ITmedia News

関連ニュース