記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】議員生活最後に“パンドラの箱”…年金制度は一度「ご破算」に! 老後2000万円どころか6000万円不足する (1/2ページ)

★(12)

 通常国会が明日(26日)閉会し、私の議員生活も事実上、終止符が打たれる。最後になり、“パンドラの箱”を開けるようなことがおきた、それが「老後資金2000万円問題」である。

 私は、2000万円どころか「6000万円不足する」と考えている。年金制度も一度「ご破算」にすべきと提言をしてきた。

 米国のあるコンサルティング会社が、各国の年金制度を指数化し、ランキングにしている。2017年の試算では、日本は対象30カ国中29位だった。18年も低い位置に留まっている。日本より下位のアルゼンチンは、過去8回のデフォルト(債務不履行)を経験しており、3年間でインフレ率は約3倍となった。年金支給額は、インフレ率が加味されなければ実質約3分の1まで目減りすることになる。

 万が一、日本がアルゼンチンのようになった場合、必要額は6000万円となる。さらに、今回の2000万円という数字は、あくまで厚生年金に入っている人の場合だ。国民年金単体の人はさらに老後資金が必要である。もっと深刻なのは、国民年金未加入の人の、老後資金である。国民年金の納付率は65%(18年3月現在)までに低下している。この問題は、より深刻なはずだが、現在の議論ではこの視点は欠けている。

 少子高齢化が加速する日本で、将来不安は拭いきれない。以前は、現役世代11人で高齢者1人を支えていたが、2040年には1・5人で1人という試算もある。納付者が減り、原資も減れば制度自体が持たない。年金の約半分は、国庫から負担している現状もある。

関連ニュース