記事詳細

Eneco Holdings株式会社、低価格・高濃度・大量生成可能な水素技術で燃料革命

 Eneco Holdings株式会社は、かねてより温室効果ガスの排出削減を目指し、地球環境に優しいエコ燃料技術の研究に尽力して参りました。2015年には油50%、水50%の完全融合「エマルジョン燃料」を開発。バスの公道走行時、二酸化炭素排出を約半分に抑えることに日本で初めて成功しました。現在その技術は海外でも高く評価され、インドネシア、バングラデシュ、フィリピンでは既に設置、稼働しており、今後、シンガポール、オーストラリア、中国、ラオス、ミャンマーへの導入が決まっています。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187330/LL_img_187330_1.jpg
プレスイベントフォトセッション 写真

 世界的に温室効果ガスの排出削減が急がれる状況下、Eneco Holdings株式会社は水素ガスに着目し、二酸化炭素排出「ゼロ」社会の実現に挑戦します。すでに水素燃料は環境に優しい燃料として世界的に注目されているものの、その原料調達においては、環境に大きな負荷がかかっているのも事実です。輸入による化石燃料の燃焼から水素を取り出したり、廃棄物等(バイオマス)の活用、太陽光発電などの再生可能エネルギーによる水素燃料生成など、試行錯誤が続いています。

 このたび、Eneco Holdings株式会社は、水の電気分解の原理を進化応用させた、HHO(酸水素)ガスの生成装置、Eneco PLASMA R Hydrogen GASを世界に向けて発表致します。少量の水と、独自開発した触媒の化学反応により、電気をほとんど使用せず、低温なのに出力の高い、高濃度HHOガスの大量製造を可能にしました。現在日本国内の水素燃料価格は1立方メートル=100円程度ですが、この装置により、3分の1以下、30円以下になります。資源の輸入や運搬、大規模な設備投資は不要で、原料は身近な水。二酸化炭素の排出を真に減らせる技術として、水素発生装置の販売、および装置のメンテナンス、触媒の販売業務を通じて、持続可能な社会を目指して参ります。

 わずか2Lの水で、一世帯の1週間の電力消費量、約65kWhを当社の水素燃料技術で賄える日がやって来ます。危機迫る地球環境問題に対し、私たちはエネルギーの考え方を根底から変え、より良い未来を創ることに貢献致します。