記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】「akippa」駐車場シェアオーナーに聞く…本当にほったらかし?

 本記事で以前ご紹介したシェアエコによる副業の代表格であるakippa(アキッパ)。自宅の空き駐車場を貸し出して、月々収入を得るものだ。akippa駐車場のオーナーにはほったらかしで月々収入が入ってくると聞いたが、果たしてほんとうにそうなのか? 直接オーナー宅に伺ってお話を聞いた。

 東京・世田谷の自宅駐車場の空きスペースをakippaに登録している鎌田正明さん(63)に聞くと、月々1万数千円の駐車場利用料金が振り込まれてくるという。鎌田さんがすることはとくにない。「ほったらかしですよ」(鎌田さん)

 駐車場の写真を撮ってakippaに登録したら、あとは勝手にakippaに登録している会員が空き駐車場を探してやってくる。営業や広告も必要ないという。利用者からのお金の受け渡しもなくすべて代行してもらえる。

 「安心なのはakippa会員しか車を止めに来ないところです」

 どこの誰だかわからない人は来ない仕組み。しかし、鎌田さんのakippa駐車場は静かな住宅地であり、近くに人気施設もないので駐車ニーズがないのではとはじめは半信半疑だったという。

 「ところがはじめてみると、通勤客や買い物客、商用や工事など仕事で訪れる人の利用が多くておどろきました」

 人気施設はないものの、駅や人気タウンまで徒歩数分というのは強みになったようだ。

 「どんな場所でも駐車場シェアのニーズはあります。自分で決めつけないほうがいいですよ」

 akippaへの登録費はかからない。もし空いている駐車場があるならダメ元で試してみたら、と鎌田さんは笑った。(取材 構成 藤木俊明)

 ■夕刊フジ経由で入会→レンタル料1カ月分無料

 【夕刊フジ定年起業応援サロン】

 銀座セカンドライフのレンタルオフィス「銀座アントレサロン5号店」(東京都中央区築地4-7-3 築地ファーストビル6階)内に開設。本店登記や郵便・電話対応、OA機器の利用が可能で、会員は首都圏12カ所の他のサロンも自由に利用できる。夕刊フジ経由で入会すると、フリーデスクプラン(月額9505円)が1カ月無料。問い合わせはkigyo@fujinews.comまたは銀座セカンドライフ0120・08・4105。

 【銀座セカンドライフ】定年前後の起業サポートのほか、セミナー・交流会の開催、レンタルオフィスの運営も行う。片桐実央代表=写真=は起業コンサルタント、行政書士、FPとしてテレビ出演も多い。近著は『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)。

関連ニュース