記事詳細

【定年後の居場所】2度の出向人事を糧に64歳で博士号 生命保険会社→不動産会社で鑑定士合格→芸術法人で学芸員 (1/2ページ)

 今年64歳になる知人N氏が最近博士号を取得した。私の周囲で博士号を持っている人は今までいなかったのでいろいろ話を聴いてみると、人生後半戦における仕事と学びの大切さとともに、思いがけない出向人事を見事に自分の糧にしていることが印象的だった。

 彼は大学を卒業して生命保険会社に勤めていたが、34歳の時に不動産会社に出向となった。意外な異動だったが腐らず、仕事とともに自己啓発に努めた。

 1つは、せっかく不動産の仕事に就くことになったのだからと不動産鑑定士試験を目指して勉強を始めた。そして仕事と両立させながら4年後に合格。2つ目は、会社が自主的な活動を援助する制度ができたので異業種交流会を立ち上げた。発起人兼主催者として、その後30年にわたって続けていて、開催回数はすでに200回を超えているそうだ。

 2回目は52歳の時。本部の営業の仕事から芸術関係の公益財団法人に出向になった。思いがけない異動先に驚いたが、そこでもすぐに気持ちを切り替えた。通信制の芸術大学に入学して、自ら学芸員の資格を取得した。その後、修士課程に進んで論文も書き上げた。芸術方面にも視野が拡大したという。

 もちろん、勉強ばかりしているわけにはいかない。財団の運営の仕事にも手腕を発揮した。そして公益財団法人の勤務を9年間続けて60歳で定年になり、雇用延長を選択せずに退職した。

 定年後も彼のチャレンジは続いている。働きながら大学院の博士課程後期に進み、今年めでたく博士号を取得した。学び始めてから10年の歳月がたっていた。今後は論文の内容を書籍にして多くの人に読んでもらうとともに、大学での非常勤講師など、自ら研究してきたことを発信する場を得たいと考えている。

関連ニュース