記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】「日本動物高度医療センター」に投資妙味 4-6月は前年同期比43%経常増益スタート (1/2ページ)

 「夏休み」ムードも強まり、市場参加者が減少傾向となるこの時期は、投資環境としては厳しい時期です。しかし、3月期企業の第1四半期決算の発表ピークを今週に通過して、好業績銘柄が買い直されるタイミング。ジャスダックとマザーズの主力新興企業では8日にメルカリが6月期本決算、日本マクドナルドホールディングスが12月期第2四半期の決算をそれぞれ発表します。

 こうしたなか、決算発表をすでに通過した東証マザーズの「日本動物高度医療センター」(6039)に投資妙味が膨らんでいます。

 同社は、犬猫を中心とするペットの高度医療を行う動物病院を展開し、今年5月末現在、全国で3556の動物病院と連携しています。動物医療では株式市場でオンリーワン銘柄といっていいでしょう。

 日本動物高度医療センターが見込む今2020年3月期業績は、売上高26億5000万円(前期比3・4%増)、経常利益4億1000万円(同1・2%増)、当期利益3億円(同1・7%増)、1株当たり利益123・88円(前期実績122・06円)と増収増益ながら小幅な変化率です。

 実は、この予想数値を発表した約3カ月前の5月9日(19年3月期本決算開示日)直後から、同社の株価はストップ安を交えて3000円近辺から2000円近辺まで大きく下落しました。今期の会社側予想が慎重で、事前の市場コンセンサス予想を下回ったことが過度な失望売りにつながった形です。

関連ニュース