記事詳細

1食860円 吉野家がサーロインの「すきやき重」を発売 牛肉商品で最高額 (2/2ページ)

 肉は1.8ミリに薄くスライスしている。0.1ミリ単位で調整を繰り返し、「最も柔らかくおいしい味に仕上がる」として、この薄さに行き着いた。通常の牛丼を煮ている鍋からすくったたれでこの肉をさっと煮て、盛りつけた後に特製の「すきやきのたれ」をかける。「たれもたくさんの種類を試した。肉とたれとご飯のバランスを探るのも、大変だったことの一つ」と伊東常務は振り返る。

 50万食を用意しているが、1カ月程度で売り切れる想定だという。「ロイヤルユーザーの方に召し上がってもらいたい。また、赤身肉なので脂身が少なく、女性なども食べやすいのでは」(伊東常務)

 同社は創業120周年の節目として、3月に新サイズ「超特盛」「小盛」の販売を始めたり、5月には新商品「ライザップ牛サラダ」を発売したりと、記念となるメニューを相次いで投入している。「あらためて『牛肉といえば吉野家』というイメージを発信」(伊東常務)し、ブランドイメージの定着を図る。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース